読書アプリについて

私は今ipadを使っています。
元々、Androidのスマートフォンを使っていたため、ipadを必要だと思ったことはありませんでしたが、私は今IT講座のインストラクターをしています。
IT講座ではパソコンだけではなく他にもスマートフォン等IT関係の者は何でも教えています。そのため、ipadを持つ必要がありました。でも今ではAndroidではなくiPadの方をよく使います。

特によく使うアプリは、小説を読むためのアプリです。
私は本が好きでよく読んでいました。そのため本の量が増えてしまい、部屋が埋まることが多々あります。そんな時に出会った読書アプリ。
私が持っているipadはminiなのでサイズは大体文庫本くらいだ。

そして文字のサイズは自由に変えられる(アプリによっては変えられないものもあるが)、読み終わったらすぐに検索をし、購入することが出来る、一度ダウンロードしたらインターネットに繋がっていなくても本を読むことが可能。私にとって素晴らしいアプリだと言えるだけの理由はたくさんある。

中でも一番いいのは、値段が安い物がある、ということだ(アプリには関係ない????)。
読書アプリは会社ごとに別々のアプリがある。データにパスワードをかけているからだろう。決められたアプリ以外では開くことが出来ないようになっている。当然お金を払わなければダウンロードすることもできない。その代わり、一度購入したら他の端末でもダウンロードすることが可能だ。本を人に貸すみたいに、電子書籍も人に貸すこともできる。

たった一つ難点を上げるとすれば、紙の感触がないということだ。たまに、紙媒体の本を読みたくなる。

Leave a Reply